Profile[ja,en]

Kazuhiro HISHINUMA

菱沼 和弘, 修士(理学).
Kazuhiro HISHINUMA, MSc.

独立行政法人日本学術振興会 特別研究員-DC1,
明治大学大学院 理工学研究科 情報科学専攻 博士後期課程.

mailto: kazemail-suffix (keybase); ORCID, GNU Social.

研究分野

連続最適化理論 (凸及び準凸最適化; 分散最適化), 不動点理論.

経歴

2017年4月-
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員-DC1.

学歴

2011年3月
国立大学法人東京工業大学附属科学技術高等学校 科学・技術科 情報・コンピュータサイエンス分野 卒業.
2015年3月
明治大学 理工学部 情報科学科 卒業; 学士(理学).
2017年3月
明治大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻 情報科学系 博士前期課程 修了; 修士(理学).
2017年4月
明治大学大学院 理工学研究科 情報科学専攻 博士後期課程 入学; 現在に至る.

保有資格

2017年3月
高等学校教諭専修免許 (数学).
2017年3月
中学校教諭専修免許 (数学).
2016年1月
普通自動二輪車免許 (AT車, 小型車限定).
2015年12月
普通自動車免許 (AT車限定).
2015年3月
高等学校教諭一種免許 (数学).
2015年3月
高等学校教諭一種免許 (情報).
2015年3月
中学校教諭一種免許 (数学).
2013年5月
基本情報技術者.
2010年4月
乙種第4類危険物取扱者.
2006年8月
第四級アマチュア無線技士.

査読付き原著論文

  1. S. Iemoto, K. Hishinuma, H. Iiduka: Approximate Solutions to Variational Inequality over the Fixed Point Set of a Strongly Nonexpansive Mapping, Fixed Point Theory and Applications, 2014:51, 2014. [BiBTeX, Open Access]
  2. H. Iiduka, K. Hishinuma: Acceleration Method Combining Broadcast and Incremental Distributed Optimization Algorithms, SIAM Journal on Optimization, Vol. 24, Issue 4, pp. 1840-1863, 2014. [BiBTeX, DOI, PDF]
  3. K. Hishinuma, H. Iiduka: Parallel Subgradient Method for Nonsmooth Convex Optimization with a Simple Constraint, Linear and Nonlinear Analysis, Vol. 1, No. 1, pp. 67-77, 2015. [BiBTeX, Open Access]
  4. K. Hishinuma, H. Iiduka: On Acceleration of the Krasnosel’skii-Mann Fixed Point Algorithm Based on Conjugate Gradient Method for Smooth Optimization, Journal of Nonlinear and Convex Analysis, Vol. 16, No. 11, pp. 2243-2254, 2015. [BiBTeX, Open Access]

紀要・講究録

  1. K. Hishinuma, H. Iiduka: Parallel Computing Method for Nonsmooth Convex Optimization, RIMS Kôkyûroku, No. 1963-11, pp. 71-77, 2015. [BiBTeX, CiNii, Open Access]

講演・口頭発表等

  1. K. Hishinuma, H. Iiduka: Parallel Algorithm for Nonsmooth Convex Optimization, the International Workshop on Nonlinear Analysis and Convex Analysis, 2014.
  2. 菱沼 和弘, 飯塚 秀明: 非平滑で凸な目的関数に対する最適化の並列計算, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2014年秋季研究発表会, 2014. [CiNii]
  3. 菱沼 和弘, 飯塚 秀明: 並列型劣勾配法の収束効率を改善させるための直線探索に基づくアプローチ, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 2016年秋季研究発表会, 2016.
  4. K. Hishinuma, H. Iiduka: Flexible stepsize selection of subgradient methods for constrained convex optimization, the 10th Anniversary Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis, 2017.
  5. 菱沼 和弘, 飯塚 秀明: 不動点制約付き準凸最小化問題に対する準劣勾配法, 京都大学数理解析研究所研究集会《数理最適化の発展:モデル化とアルゴリズム》, 京都大学数理解析研究所, 2017.
  6. K. Hishinuma, H.Iiduka: Iterative method for solving constrained quasiconvex optimization problems based on the Krasnosel'skiĭ-Mann fixed point approximation method, RIMS Workshop on Nonlinear Analysis and Convex Analysis, 2017.

賞罰

2015年11月
37th Place, the 2015 ACM-ICPC Asia Tsukuba Regional Contest.
2015年7月
ACM-ICPCアジア地区予選つくば大会国内予選 実行委員長表彰 (19位).
2015年3月
明治大学校友会 卒業生学業成績優秀者 表彰.

外部資金

2017年4月-2020年3月
科学研究費補助金 特別研究員奨励費 難解複雑な制約を伴う非平滑準凸最適化への高効率高速算法《不動点理論に基づく解決》.

科研費

諸活動 (計算機競技・情報技術関連催事等)

2017年7月14日
ACM-ICPC 国際大学対抗プログラミングコンテスト2017 国内予選(つくば大会), コーチ(明治大学情報科学科各チーム).
2016年6月24日
ACM-ICPC 国際大学対抗プログラミングコンテスト2016 国内予選(つくば大会), コーチ(明治大学情報科学科各チーム).
2015年11月28日-30日
ACM-ICPC 国際大学対抗プログラミングコンテスト2015 アジア地区予選(つくば大会), 参加(Theory of Computing Lab.).
2015年6月26日
ACM-ICPC 国際大学対抗プログラミングコンテスト2015 国内予選(つくば大会), 参加(Theory of Computing Lab.).
2014年8月30日
Shibuya.lisp テクニカル・トーク #8, 実行委員.
2013年7月12日
ACM-ICPC 国際大学対抗プログラミングコンテスト2013 国内予選(会津大会), 参加(MCPC-2).
2012年12月22日
第4回SECCON 横浜大会, 参加 (MCPC1).
2012年7月6日
ACM-ICPC 国際大学対抗プログラミングコンテスト2012 国内予選(東京大会), 参加(#[]).
2011年8月10日-14日
情報処理推進機構(IPA)主催 セキュリティ&プログラミングキャンプ2011, プログラミングコース・プログラミング言語クラス修了.
2011年6月24日
ACM-ICPC 国際大学対抗プログラミングコンテスト2011 国内予選(福岡大会), 参加(TEAM NAME).
2010年8月23日-27日
東京工業大学・大阪大学主催 Supercomputing Contest 2010, 本戦出場(IMD48).
2009年8月3日-7日
大阪大学・東京工業大学主催 Supercomputing Contest 2009, 本戦出場(TEAMNAME).

所属学協会

日本オペレーションズ・リサーチ学会, 情報処理学会.

連絡先

〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1
明治大学理工学部情報科学科 数理最適化研究室 飯塚秀明様方 菱沼和弘
(Tel: 044-934-7484, Web: https://www.mo.cs.meiji.ac.jp)

mailto: kazemail-suffix